緩消法で筋肉の痛みが取れる仕組み

緩消法で筋肉が軟らかくなることで痛みが取れる仕組みをお話します。

まず、
「痛みが出る」のは、筋肉が緊張していて血行不良が起こっている時に起こります。
血行不良が起こってる時っていうのは酸素が足りなくなるんですね。

まず酸素が足りないと、
筋肉の中にあるピルビン酸という物質が
酸素の代わりに使われて、
燃焼したあと乳酸に変わるんです。

それが大量に出てくると、筋肉痛の痛みが出ます。

そして、
動かさないで硬くなる時っていうのは、
酸素がいかないから細胞がちょっとづつ死ぬんです。

死んだ時に出てくる、ブラジキニンって物質があるんですが、

これが基本的に慢性痛の痛みの原因と言われてます。

だから乳酸を筋肉の中から静脈の方に出してしまうと、
痛みが無くなるということなんです。

単純にこういう話なんです。

 

だから筋肉が軟らかくなれば、
血液の流れが良くなって、
乳酸などが自然に排出されるんで、
痛みが無くなる

ということです。