本当の腰痛の原因

通わせない整体院じゅらく 院長 岡田です。

腰痛の原因について話す前に、

そもそも


なんで痛いのか?

なんで痛みが起きるのか?

あなたは、その理由をきちんと教えてもらったことはありますか?

 

腰痛をはじめ、肩こり、頭痛、関節痛、坐骨神経痛など全身のあらゆる場所で痛みは発生します。

そして、痛みは大きくなれば、日常生活に大変影響を及ぼす恐ろしいものです。

しかし、この痛みの原因について整体などの治療家もわかっていないことが非常に多いのです。

よくある間違った痛みの原因

勘違いしている方が多い「間違った痛みの原因」を紹介します。

 

①骨盤の歪み

骨盤

「骨盤が歪んでますよ」

骨盤の歪みは痛みの原因ではありません。もちろん、背骨の歪みも同じです。

骨盤や背骨の歪みは、痛みを引き起こす1つの要因にはなりますが、原因ではありません。

骨盤矯正や背骨の歪みを矯正しても痛みが消えないのはそのためです。

今は見かけるのが少なくなってきましたが、腰が90度近く曲がったお年寄りを想像してください。

骨盤の歪みどころじゃないですよね。

例えば腰痛の原因が骨盤や背骨の歪みであれば、そのようなお年寄りは全員腰痛持ちのはずです。

 

②軟骨の減少

軟骨

「軟骨が減ってます」

軟骨が減っても、痛みは起こりません。

そもそも軟骨には痛みを感じとる神経がありません

軟骨成分の入ったサプリメントを飲んでも痛みが治らないのは、そのためです。

と言いますか、軟骨成分を口から入れても、胃や腸でバラバラにされるので、1ミリも軟骨にはなりません。

 

③椎間板ヘルニア

ヘルニア

「ヘルニア持ちとかじゃないですか」

ご存じの方は少ないのですが、椎間板ヘルニアと痛みは関係がありません。

腰痛の専門家の間では、もはや常識です!

これを知らない治療家は勉強不足と言ってもいいです!

その理由として

1.健康な方でも犬でも猫でもヘルニアはある

2.ヘルニアと痛みは関係がないことを科学的に証明した論文が世界中に数多くある

脊柱管狭窄症、すべり症、分離症なども同様に腰の痛みの原因として誤解されやすい診断名です。

「椎間板ヘルニアで痛みは起きない」という情報を信じられない方へのヒント
⇒痛みを脳で感じるには、痛みのある箇所から必ず電気が発生します。ヘルニアが飛び出して、神経の軸索という部分を圧迫して本当に電気が発生するのかをご自分で調べてみてください。納得できる情報が得られると思います。

 

④加齢

年のせい

「年のせいです」

治せない方に対しての治療家の言い訳です。

80歳を超えても元気な方は、いくらでもいます。

 

間違った原因を教えられたお気の毒な3人

本当の原因を知らないがために
10万円以上お金を使い、時間も使い、腰痛も治らなかった3人の実話です。

①整体院の骨盤矯正に10万円使っても治らなかったAさん

骨盤矯正

こんな図、よく見ますよね。 看護師のAさんは「骨盤がそろえば治る」と言われ、整体院に通ったそうですが、10万円以上使っても、 痛みも取れず、骨盤も歪んだ状態でした。
そもそも腰の曲がったオバアチャンでも腰痛がないのに、
骨盤の歪みくらいで腰痛になるわけありません

②筋トレを毎日1年以上続けて腰痛がますます悪化したBさん

筋トレ

「筋肉をつけなさい」と言われ、腰痛を治すために毎日腹筋と背筋を鍛えていたBさん。
筋トレするたびに痛みが発生してたにも関わらず、これを継続したため、 腰痛がかなり悪化したそうです。

プロのアスリートでも腰痛があります。

もし「筋力不足」が原因なら、
あなたはプロアスリート以上の筋力をつけなければなりません。

③15万円のマットレスを買わされ、治ってないCさん

マットレス

「人生の3分の1が睡眠時間。睡眠環境を良くすると腰痛が治ります。」

と言われ、15万円のマットレスを 整体院から買わされたCさん。

こんなアホみたいな話。
整体院が売上あげたいだけじゃないですか(泣)

 


本当の原因はコチラ!!

実は、生理学を学べば、原因が載っています。

生理学

この本に痛みの原因が書かれてあります。

当然、「骨盤や背骨の歪みが痛みを引き起こす」「筋力不足が痛みを引き起こす」などは書かれておりません。

この本には下記のように書かれています。

 

【標準生理学(改訂第8版P227に記載)】
~~省略~~筋の収縮によって痛みが起こる。~~省略~~筋の血流を止めると痛みが起こる。筋収縮時の代謝産物として発生する乳酸やK+イオン、セロトニン、ブラジキニン、ヒスタミンなどが過剰に蓄積して痛みを起こすとされている。

 

つまり、痛みの原因は骨盤や骨の歪みでなく、筋力不足でもありません。

「筋肉の緊張(コリ)」が痛みを引き起こすのです。


 

もっとわかりやすく説明します

筋肉

慢性痛の原因は「筋肉の緊張(コリ)」です。

筋肉が硬くなっているときは縮む力が働いており、筋肉の中に通っている血管をつぶしてしまいます。

 

 

重要

【慢性痛が発生する原因】

筋肉の緊張が血管を圧迫し、血液の循環を阻害する

②血管を拡げるためにブラジキニンという物質が分泌される。

③ブラジキニンが神経を興奮させるので痛みやコリが発生する。

 

つまり、血管がつぶされることで血行不良となり、筋肉内に酸素が足りなくなります。

これを解消させるためにブラジキニンという血管拡張作用を持つ発痛物質が分泌されるため、痛みが出続けるということです。

簡単に言うと、筋肉のコリを無くせば(ブラジキニンの分泌が止まるため)痛みは消えます。


 

えっ、筋肉のコリ???

もしかして「コリが原因ならスグ治るでしょ」と思ってません?

コリほとんどの方は知らないのですが腰の筋肉のコリはそう簡単には取ることができません。

あなたが腰痛持ちであれば、あなたの腰の筋肉は必ず硬くなっています。

触って確認してみてください。

この硬い筋肉が柔らかくなれば「痛み」が無くなります。理由は先程の通りです。

でも、どうやったら柔らかくなると思います?

【実は、筋肉を揉んでも、柔らかくなりません!!】

私も数年前まで知らなかったのですが、実は筋肉を揉んでも柔らかくなりません。逆に硬くなっていきます。

現実に「マッサージを週に数回受けていた方」が腰痛治療でよく来られますが、例外なく筋肉がガチガチに硬くなっています。

誰よりも筋肉を揉まれていたはずなのに!!とにかく硬いんです!!

「腰の筋肉のコリなんてスグにとれる」と思っている方は、マッサージや電気、指圧、温熱療法、ストレッチ等々ぜひ何十回も受けてみてください

その場は一時的に柔らかくなったとしても、数十分後には元に戻りますし、何十回通っても柔らかくはなっていないはずです。

【もっと詳しく知りたい方はコチラをクリック】


 

筋肉のコリを取る方法はこれです!!

2007年、世界初の“腰痛解消の科学的立証”に成功した緩消法(かんしょうほう)という技術が開発されました。

緩消法

これによりどのような技術でも解消させることが難しかった筋肉の深部のコリさえも取ることが可能となりました。

当院は、東京で緩消法を学び、現在のところ石川県では唯一これを積極的に取り入れ、腰痛施術を行っています。

以前、当院ではカイロプラクティックを中心とした施術を行っておりました。

緩消法と出会い、治療技術をこれ1本にしてからは、毎月10~20人継続的に紹介をいただけるようになりました!!

もちろん腰痛改善率は、以前と比べ問題にならないほど跳ね上がりました!!

施術を受けたいと思った方は予約して来られてください。

 

ご予約はこちら 076-281-0909

(受付時間 9:00~19:00